院長ブログ

社会医学学生実習

本日は、夕方から愛媛大学医学部4年生の学生さん6名が、来院されました。愛媛大学は、昔から4年生時に”社会医学学生実習”を行う伝統があります(医学部は6年制)。

学生さんは、日頃は医学部の中だけで講義を受けていますが、この時期だけは社会に出て、フィールドワークやアンケート調査を行い、社会医学的視野を育てるのです。

昨年は男性ばかりでしたが、今年は女性4名・男性3名の混成チーム。女子医学生が入ると、さすがに華があります。

今日やって来た男性二人は、一度大学を卒業して再度医学部に入学した、学士入学さんですが、なかなか優秀。

今日は最初なので、糖尿病・糖代謝異常とは何なのか、概論的なお話をした後に「まずは己を知ることが大切だ!」ということで、血糖測定の実習を行いました。

22歳にしては少し高めの人もいましたが、今の日本が置かれた危機的な状況を理解してもらい、この実習を通じて”予防医学”の視点を持って頂ければ幸いです。