講演と執筆

医科歯科連携解説記事 on Medical View Point

医科向けに発行されている「メディカル・ビューポイント (Medical View Point: MVP)」と呼ばれる新聞があります。発行社は医事出版社ですが、製薬企業である興和創薬株式会社がサポートしており、その発行部数は2万部を超えるそうです。

当院も興和創薬の内服薬を採用していますが、私の “口腔ネタ話” を聞かれた松山営業所の森所長が、大変興味をもたれ、メディカル・ビューポイントに医科歯科連携の企画を打診して下さったのだそうです。そしたらまぁ、その企画が通ってしまい、私に執筆依頼が届いたのであります。しかも、いきなり “3回連載” で!

「マジかよ?」と思いながらも、喜び勇んで記事を書き上げ、3月号から5月号まで3回にわたり掲載して頂きました。もちろん、読者は医師ばかりですが、編集部の平林さんによると「反響は上々」だったそうです。「次号を楽しみにしています!」という嬉しい声も届いていたとか(涙;)。

文字数に制限はありましたが、糖尿病領域における医科歯科連携の勘所について、最重要点をうまくまとめることが出来たのではないかと思います(詳細については新著をご参照ください)。

今回、メディカル・ビューポイント編集部のご厚意により、なんと全3回の連載記事をPDFで公開させて頂けることになりました!同編集部、興和創薬株式会社の皆様に深謝します。

なお、メディカル・ビューポイントの誌上に、興和創薬の製品広告は小さく掲載されてはいるものの、掲載記事で同社製品に言及しているものはありません。興和創薬は黒子に徹し、社会貢献として新聞を無料で全国に配布しているのです。