奈良にて講演

本日は、県外の講演会に招かれ、奈良までやって参りました。

奈良というと遠いイメージがあったのですが、伊丹空港から比較的近いところにあるのですね。丁度紅葉の季節ということで、奈良市内の道路は結構混雑していました。

先にチェックインを済ませ、昼食をかねて奈良公園までの散策を楽しんだのですが、山が低く、優美。誠に美しい。街全体も静かで、この雰囲気は個人的には大好きです。

池を眺めていると、何やら木の根元が動いている・・何か?と思うと、なんと鹿でした。思わず見つめ合う”ふたり”。

思いがけない逢瀬を楽しんだ後はホテルに戻り、夕方の講演に向けてスライドの準備。これまた素敵な雰囲気のテラスの中で、贅沢な時間を堪能。

1時間の講演は無事終わり、活発な討議で盛り上がりました。一仕事終え、夜のティーラウンジに向かうと、部屋の片隅に古ぼけたピアノが置いてあります。その上には、どこかで見た方の写真が・・。

このピアノは、今から100年前のホテル創業時に米国ハリントン社から購入され、1922年アインシュタイン博士が宿泊した折に、演奏したものだそうです。その折りに撮影されたものでしょうか?写真の中の博士は、とても優しい笑顔。

しばらくすると、ささやかな演奏会の始まり。落ち着きのあるラウンジのソファーに腰掛け、大正時代から続く100年の歴史に思いを馳せながら、ピアノの音色に聴き入りました。