松山市健康応援プログラム健康講座

本日は、松山市が主催する「健康応援プログラム」の健康講座が、松山市保健所にて開催されました。有り難いことに、糖尿病をテーマにした講座を今年も担当させて頂きます。

会場は6階の防災大会議室。開始が18:30と遅めの時間帯にもかかわらず、多くの方が参加されました。いつもの講演は高齢の方が多いのですが、今日は壮年部が主体です。

今日の講演タイトルは「自分と家族の健幸を守るのはあなた 〜糖尿病予防のための正しい知識〜」。社会的病気である糖尿病増加の背景には、何があるのか?自分はもとより大切な家族を糖尿病から守るために、私達は何に気をつければ良いのかをお伝えしました。

巷ではよく「自分の健康は自分で守る」というキャッチフレーズが聞かれますが、私はこの言葉にいささか自己中心的な響きを感じます。「自分さえ健康であればそれで良いのか?」と。

糖尿病を始めとする生活習慣病は”社会病”ですから、いつ、誰が発症してもおかしくない状況にあります。であるならば、「大切な次世代を社会病から護る」事が、私達大人に課せられた使命であると思うのです。そのためには、「家族の健幸は自分が守る」という信念と覚悟を大人の心に宿らせることが、何よりも大切でしょう。

私は、いつもそのような想いで講演会場を回っています。