上島町 脱メタボ講演会

本日は、上島町生名保健センターのお招きにより、初めて上島町へやって参りました。しまなみ海道を走り、因島でフェリー(というよりは渡し?)に乗って、生名島へ。

生名島から、さらに橋をふたつ渡り弓削島へ。海岸に降り立つと、潮の香りがとても強いです。

ついに弓削港へ到着。静かな港町で、あたりでは釣りを楽しむ人達がチラホラ。

会場は消防庁舎2階にある、上島町地域交流センター。

本日の脱メタボ講演会のタイトルは「メタボと糖尿病は血管病 〜ウォーキングと歯磨きで血管病撃退〜」。当日は、参加人数こそ少なかったものの、皆さん真剣に聴き入られており、講演終了後も多くの方が、アンケート用紙に書き込まれていた姿が印象的でした。

後日、保健師さんが、参加者の感想をまとめて送ってくださいましたのでご紹介します(なんと、全員が感想を書かれていたそうです)。

  • 噛むことの大切さがわかった。
  • 歯みがきが大切であるということがよくわかった。(4名)
  • 糖尿病予防には、歩いて、食べて、歯みがきで健康になることがよくわかった。
  • メタボ予防は、食生活が大事であり、風呂場の歯みがきと大股での散歩が大切だということがよくわかった。
  • 悪くなる前に歯科に行くようにしたい。
  • 歯の健康と正しい運動が大切である。
  • 己を知り、腹七分目の食生活と大股歩きの運動、そして歯みがきをきちんとしていきたい。
  • 糖尿病は口元からということは知らなかったので、学べてよかった。
  • 歯みがきの正しいやり方をもっと詳しく知りたい。
  • ウォーキングを続け、歯みがきの仕方を気をつけ、健康寿命を広げたい。
  • 腹七分目と運動、それに歯みがきで血管を丈夫にすることを日頃の生活に取り入れたい。
  • 正しい歯みがきが大切ということが勉強になった。なかなか難しいことではあるが、食べ過ぎにも注意したい。
  • 甘い物を摂り過ぎることに気をつけようと思った。また歯周病の怖さを知った。「ピンピンころり」と「ネンネンころり」の言葉は印象的だった。
  • 大変わかりやすく良い話でした。
  • ウォーキングは大股で歩くようにしたい、今までは小股で話をしながら歩いていたことを反省した。
  • 我慢を失ったことや食事は6~7時ごろが適当であること、日本人は欧米人に比べると大変弱いことがよくわかった。今までは散歩はしなかったが、これからは大股で歩こうと思う。今日は本当に来て良かったと思う。
  • 毎食みかんを2個ずつ食べると1ヶ月に1㎏の脂肪の塊ができることはとても印象に残った。
  • 糖尿病は血管病に繋がることがよくわかった。
  • 日本人は膵臓が弱い人種であることが印象的だった。
  • 大股で歩き、歩数を減らすことが大切だと思った。
  • 日本食の良さを再確認した。また食事の時間の大切さをも知ることができた。
  • 自分の健康だけでなく、家族の健康は自分が守るという気持ちで伝えていくことが大事というお話が良かった。
  • 糖尿病の食事のとり方がよくわかった。
  • 「糖尿病」を自分だけの責任でなく、社会の問題という考え方と捉えたことがなかった。いろんな面から知識を知っていくことの大切さと知らないことの怖さを感じた。話は具体的でとてもわかりやすく、自分が何をしていったらいいのかを考えていこうという気持ちになった。
  • 糖尿病に対して詳しい話でよかった。
  • 糖尿病は血管病に繋がっている事や大股歩きや歯の大切さが印象に残った。

これだけの感想を頂いたことは初めてでしたので、感激致しました。日頃の講演は、一方通行的な印象が強いのですが、こうしてお一人お一人の感想を拝見すると、皆さん驚くほど的確に講演の内容を把握されているのですね。今回は、私の方が勉強になりました。

講演終了後は、保健師さんや栄養士さんと一緒に昼食を取りながら歓談。皆さん、他地域に比べ若い方が多いですが、”島に骨を埋める覚悟”でこの仕事に就かれており、その姿には心打たれるものがありました。

遠路ではありましたが、今回頂いたご縁の深さに感じ入りながら、しまなみ海道を後にした次第です。