九度山托鉢行と研修医

先日届いた高野山教報6月15日号に、”九度山托鉢行”と題する記事が掲載されていました。冒頭では、次のように紹介されています。

「高野山専修学院では、毎年五月に高野山の麓、九度山町で一軒一軒のお宅を巡って先祖供養と、ご家族の無病息災を祈る托鉢行を行っています。九度山町の方は、入学したばかりの院生たちに真心で接して下さいます。その温かさを受け、院生たちは次のステップに向けて思いを新たにしました。」

記事には、いくつか写真が添えられていたのですが、その中の一枚に私のハートは鷲掴み・・。

お坊さん見習いふたりによる読経の先に鎮座しているのは、おばあちゃんでもおじいちゃんでもありません。手作りの鯉のぼりの下に、双子でしょうか?可愛いお子さんがふたり、きれいに正座し手を合わせ、真っ直ぐな瞳を袈裟姿の院生に向けています。

なんという胸キュンの写真!個人的にはピュリッツァー賞ものだと思います。今の日本にこのような情景が残っていることに、驚き、救われた思いがすると同時に、深く反省。

“果たして自分は、この子供たちのように純粋かつ素直な祈りの姿で、他者を迎え入れることが出来るのだろうか?”院生の皆さんも、同様の思いを持たれたようで、感想文の中からひとつをご紹介します。

「初めて人前で読経するのは、非常に緊張しました。托鉢行中に九度山の皆さまから頂いた心のこもった言葉は驚きを隠せませんでした。修行僧とはいえ、一人前の僧侶としても接して下さいました。今の日本では、考えられないことだと思います。一軒読経が終わればまた次の方と、隣でお待ち頂いていたことは、本当に有り難いことでした。日々、寮監先生から頂いているご指導が改めて心に染みて来ました。御大師さまも、きっと九度山で托鉢をされたのだと思うと、嬉しさもこみあげて来ました。現在世の中では、人と人との繋がりがない中、改めてその繋がりの大切さ、人の思いやりと心の温かさを感じる行でした。貴重な体験をさせて頂きました皆さまに改めて感謝申し上げます。」

こうしてみると、つくづく医師の世界によく似ているなと思います。医学生もまた、講義室で学んだことを大学病院の臨床実習を通して実体験していきます。教科書ではなく、患者さんの胸を借りて。そしてまた医学部を卒業した後も、研修医は患者さんに育てられていくのです。

その意味で、ここ愛媛は九度山に負けず劣らず、真心に溢れたところでしょう。

考えてみれば、日頃の外来もこの写真と同じなのかもしれません。私の姿は見習いの修行僧に重なり、診察室で座られる方は、正座して読経に聴き入る子ども達の姿。

ずっと机の前に貼っておきたい・・そんな素敵な写真です。

小学生の田植え体験

今朝は隣の田んぼから、久しぶりに耕耘機の音が聞こえて来ます。「あぁ、今日は恒例の田植え日なのか!」と、診察の合間にカメラを手にして外へ。

既に、手前の田んぼは植え付けがほぼ終わり、はなみずき通り側の小さな田んぼに、小学生が集合しています。

実は、朝生田町の有志の方々のご協力により、こちらの田んぼでは毎年石井北小学校5年の生徒さんが、田植え実習を行っているのです

今年も引率の先生に付き添われて、元気な子供さんが勢揃い。地元の方の指導を仰ぎながら、田植えにチャレンジ!(田んぼの向こう側に見える白い建物が当院)

生まれて初めて、田んぼの感触を素足で味わう子供さんも多いのでしょう。あちこちで歓声が上がります。

道端に並んだ小さな靴が、なんとも微笑ましいですね。

田植えが終わると、足の泥落としもかねて、グルリと用水路の中を行進して回ります。最近すっかり見かけることがなくなった、水遊びですね(この用水路には驚くほどきれいな水が流れ、石ころひとつありません)。

これまた、初めての子供さんが多いのか、キャーキャーの大騒ぎ。最初は恐る恐るだった子供達が、最後の方は満面の笑顔で水から上がってくる姿が印象的です。

足元がびちゃびちゃになった子供達が、キャッキャッ言いながら、楽しそうにクリニック横を駆け抜けていくのですが、子供の無邪気さ、透き通った声というのはいいものですね。

終わってみると、子供神輿が通り過ぎたような。そんな余韻が残りました。

こんな素敵な体験実習があること、松山市民として誇りに思います。

花壇とクチナシ

梅雨入りを迎え、草木も瑞々しさに溢れる季節になりました。

クリニックの花壇は、妻の手でリニューアル。彩り鮮やかな花々で、皆さんをお迎えします。

雨上がりに素敵な香りが漂っていたので、元を尋ねると、クリニック前に植えられているクチナシの花でした。既に盛りは過ぎていたのですが、何とも言えない上品な香り。馥郁(ふくいく)とした香りとは、まさにこのことですね。

社会医学学生実習

本日は、夕方から愛媛大学医学部4年生の学生さん6名が、来院されました。愛媛大学は、昔から4年生時に”社会医学学生実習”を行う伝統があります(医学部は6年制)。

学生さんは、日頃は医学部の中だけで講義を受けていますが、この時期だけは社会に出て、フィールドワークやアンケート調査を行い、社会医学的視野を育てるのです。

昨年は男性ばかりでしたが、今年は女性4名・男性3名の混成チーム。女子医学生が入ると、さすがに華があります。

今日やって来た男性二人は、一度大学を卒業して再度医学部に入学した、学士入学さんですが、なかなか優秀。

今日は最初なので、糖尿病・糖代謝異常とは何なのか、概論的なお話をした後に「まずは己を知ることが大切だ!」ということで、血糖測定の実習を行いました。

22歳にしては少し高めの人もいましたが、今の日本が置かれた危機的な状況を理解してもらい、この実習を通じて”予防医学”の視点を持って頂ければ幸いです。

HbA1cの精度管理

“精度管理”という言葉をご存じでしょうか?あまり馴染みのない言葉ですが、検査においては大変重要な意味を持っています。

血液を機械にセットすると、測定値が出力されますが、果たしてその値が正しいのかどうか?これを検証し、維持する作業が精度管理です。

一般の方は、「機械が表示する測定結果は無条件に正しい」と思われているかもしれませんが、実はデータの正しさを実現し維持することは、至難の業なのです。

各施設で測定されているデータの正しさを確認するために、メーカーは毎年全国規模で精度管理調査を実施しているのですが、にしだわたる糖尿病内科も開院時から参加しています。先日、今年度の報告書が届きました。

当院では、HbA1cと血糖値を測定するために、国内メーカーであるアークレイ社の専用測定器を使用しています(写真左がHbA1c測定器、右が血糖測定器)。開業医レベルでは、コンパクトな簡易測定器が採用されていることが多いのですが、糖尿病専門クリニックである当院では、HbA1cと血糖値は治療方針を決定する重要な柱となる検査ですから、大病院と同じく専用機器を使用しています。

HbA1cは、患者さんと一緒になり医師も一喜一憂するデータですが、この値を測定するために、大きく免疫法HPLC法というふたつの方法があります。免疫法は、抗体を用いた免疫化学的な手法で計測。HPLC (High Performance Liquid Chromatography: 高速液体クロマトグラフィー)法は、カラムと呼ばれる装置に高圧で検体を流し、分子の大きさと荷電状態に応じて血液成分を分離する、最も高精度な手法です。

こちらは、当院に設置しているHPLC法に基づくHbA1c測定器の内部です。日本のメーカーが誇る精緻な技術で組み上げられており、中身はロボットのように複雑であることがお分かり頂けるかと思います。

写真中央上に見える小さな棍棒状の金属が、カラムと呼ばれる部品ですが、ここに高い圧力をかけて血液中の成分を流し込み、HbA1cという分子が分離されます。

HbA1c測定には、長らくHPLC法が使われていましたが、原理上装置が複雑かつ高価であるため、最近ではコンパクトかつ安価な免疫法の簡易測定器が広まってきています。

簡易測定器であろうと、専用測定器であろうと、出てくる値は同じHbA1cなのですが、実はその精度には天地の差があります。

正確性は、本当の値(真値)に対して、どれ位の差があるかという指標です。例えば、本来はHbA1c 7.0%である検体を計測した場合、HPLC法で測定したデータは±1%未満ですから、ほとんどのデータは6.93%〜7.07%の間に収まります。これに対して、免疫法の場合は±20%ですから、データの分布は5.6%〜8.4%にも及ぶのです。下手をすると、実際は糖尿病の方が「あなたは5.6%で正常ですよ」と言われかねないことになります。

同時再現性は、同じ検体を同じ機械で連続測定した場合、どれ位のバラツキがあるかという指標です。HPLC法では、同じく6.93%〜7.07%の間におさまっています。免疫法では、先程よりバラツキは小さくなりますが、それでも6.3%〜7.7%の範囲に分布することになります。

これは、今回参加した精度管理の報告書です。測定にあたっては、HbA1cが低い試料Aと高い試料Bが配布され、それぞれ3検体ずつ測定を行いました。

当院での計測値は、試料Aがすべて5.4%、試料Bがすべて10.3%と、検体間のブレがありません。データのブレは、確かに1%未満にコントロールされていることが分かります。

さて、このような「データのバラツキ」ですが、残念なことに現在の医学教育では詳しく教えてくれません。幸い私は、長年の研究生活を通じて数え切れないほどの実験をこなして来ましたから、信頼できるデータを得ることがいかに難しいか、骨身に沁みて知っています。

ですから、開院にあたっては、可能な限り正確なデータを来院される方々に提供するために、優秀な臨床検査技師にスタッフとして参加してもらうことにしました。

検査機器は、高価なものを購入すれば良いというものではありません。正確なデータを得るためには、日々のメインテナンスが不可欠です。

当院では、経験を積んだ臨床検査技師2名が毎日精度管理を行い(写真は日々の管理記録ノート)、業務終了後には装置をきれいに洗浄し、明日の検査に備えています。

これだけの努力があって、初めて信頼できる検査値が得られるのです。