Piccolo Romana ピッコロ・ロマーナ開店!

先日、ペルラ総料理長を務められていた坂上シェフから、とっても素敵な招待状が届きました。

ペルラが閉館して半年、一番町に自分のお店を出されることになったのです。その名も「Piccolo Romana ピッコロ・ロマーナ」。その昔、市駅前にあったイタリアンレストランの老舗、ロマーナが全く新しい形で復活しました。

坂上シェフは、ロマーナ・ペルラを通して、松山の人々においしい料理を提供し続けて来られましたが、その熟練の技と感性が、新しいお店で花開くことになりました。

ピッコロ・ロマーナの開店日は、5月12日。翌13日、妻と一緒に訪ねました。場所は一番町、八坂通りから1本入ったところです。雰囲気のある角の隣に・・

ありました、ありました。ピッコロ・ロマーナ、営業中です!

メンバーは、坂上シェフの他にふたりの若いイケメンシェフ、そしてフロア係の女性、計4名。キッチンの中では、3人が小気味よいテンポで仕事をこなしておられました。

メニューは3,500円のお任せコースのみ。最初は、冷たい前菜から。

  • 旬野菜のバーニャカウダー
  • アボガドとマグロのホワイトマリネ
  • イベリコ豚のサルッチャ
  • リコータチーズとドライベリーのサーモン巻き
  • ドライトマトと野菜のインベリチィーニ

聞いたことがない名前ばかりですが、どれも目を楽しませ、舌を喜ばせてくれます。

続いては、温かい前菜。

  • イタリアンコンソメスープ
  • ウニとカニと豆のプディング
  • グリルパプリカ・オリーブ添え
  • ピッコロロブスターチーズ焼き

やはり、火が通った料理は良いですね。小さなNoritakeのカップに注がれた、旨味のつまったコンソメスープで喉を潤し、シェフお得意のプディング(言うなれば卵豆腐)でフワフワした食感を楽しみつつ、海老を味わいます。

白い食器とパプリカやトマトの赤、オリーブの緑のコントラストが美しい・・

さて、準備体操が終わったところで、いよいよ魚料理の登場。

今日は、ホタテとハマグリのリゾットに鯛のソテー添え。写真ではサラダに隠れてよく見えませんが、控えめに盛られたリゾットの上に鯛が載っています。

量は少な目ですが、口に運べばその理由は”一舌瞭然”。リゾットには、しっかりした貝の旨味が染みこんでおり、噛めば噛むほど味わいがあります。これぞ、”口福”!

見た目、香り、味わい、歯応え、舌触り、そしてシェフ達の心意気。これだけの料理ですから、相当の手間暇がかかっていることでしょう。”体が喜ぶ”とは、まさにこのこと。

続いてはお肉料理の登場です。本日は、牛ステーキのトリュフポテト添えと、根菜のワサビインゲンソース。お肉は特製ソースがからまって、もうなんとも表現のしようがございません。

横に並べられた、ワサビインゲンソースも慈愛に満ちた素晴らしい味。シェフの愛情が料理の一品一品を通して、伝わってきます。

料理はまだ続いて、今度はトマトとベーコンのパスタが登場。これまた、トマトの酸味と甘みが効いて、チーズと共に奥深い味を出しています。

ここまで見て頂ければお分かりの通り、魚・肉・パスタ料理は少しずつです。若い人達には、少々物足りないかもしれませんが、量よりも味わいを楽しむ中高年にはピッタリでしょう。

最後は、ドルチェとエスプレッソコーヒー。これだけ手間暇かかった料理のコースで3,500円というのは、お安いと思います。

ペルラのディナー・ビアパーティーには昔からファンが多く、閉館にあたっては、残念がる方がたくさんいらっしゃいました。

けれど、もう大丈夫です。さらにグレードアップした坂上シェフのお城、ピッコロ・ロマーナへどうぞ!