モーツァルトがやって来ました

本日、サンタ工房さんが新しい作品を抱えて、寄ってくださりました。今回の作品は、ご覧の通りモーツァルト。これ、”絵”ではありません。立派な木工細工なのですが、誰がどこから見ても一目でモーツァルト!このような作品、私はこれまで見たことがありません。

近くで見るとこうなります。厚さ数cmもある木の板を糸鋸で加工した作品ですが、目元、口元はまさにモーツァルト。圧巻は、首元のスカーフでありまして、レースのひだのひとつひとつが糸鋸でくり抜かれています。さぞかし、大変な作業だったことでしょう。

この”木目のモーツァルト”、しばらくは当院に飾られていますので、モーツァルトファンの方は是非お立ち寄りください。

余談になりますが、先日小さな子供さんと一緒に来院された、お母さんがいらっしゃいました。待ち時間の間、娘さんがサンタ工房さんの組み木で遊んでおられたのですが、その様子があまりに可愛らしかったので、撮影させて頂いた一コマです。

“ただ今、屋久杉うさぎの組み木に挑戦中”。開院前には、こんな情景に出会えるとは、思ってもみませんでした。皆様との出会いに感謝します。