糖尿病ケア 糖尿病食事療法まるごとガイド

糖尿病ケアという、糖尿病療養指導士向けの専門雑誌がありますが、このたび春季増刊号として「糖尿病食事療法まるごとガイド」が発刊されました。

本書の中には「糖尿病以外の疾患をもつ患者さんへの指導」と題する章があり、私はこの中の”肥満がある2型糖尿病患者さん“と”肥満がある1型糖尿病患者さん“の執筆を担当させて頂きました。

それぞれ6ページと7ページを割き、2型糖尿病と1型糖尿病の背景にある病態を踏まえながら、指導にあたり留意すべきポイントをご紹介しています。

私が日頃の診察で最も大切にしていることのひとつは「共感」ですが、このためには訴えのひとつひとつに対して、「そこには理由がある」と捉える姿勢が不可欠です。

血糖値が上がる背景には、単なる食べ過ぎだけでなく、遺伝的な素因、精神的なストレス、様々な問題が隠されています。また、1型糖尿病の患者さんで、命に関わるような重症の低血糖が起きるのは、なぜなのか?

今回の記事には、これらの問いをプロフェッショナルとして受け容れ、答えるために必須となる知識を添えたつもりです。