暖炉に灯がともりました

めっきり冷え込んでまいりましたが、皆様おかぜなど召されていないでしょうか?これまで気づかれなかったと思うのですが、クリニック待合室の中央には、実は”暖炉”が控えていたのです。これは、クリニックの前身である”オランジェリー”から、そのまま受け継いだ暖炉です。

にしだわたる糖尿病内科は、12月から暖炉に灯をともして、皆様をお迎えしています。寒い中来院して下さった方々が、「あったかい!」と暖をとって頂くこともあれば、静かに揺れる炎を見ながら、心静かに過ごされることもあるでしょう。この冬は是非、暖炉前特等席ソファーでの上質な時間をお楽しみください。