桜始めて開く

七十二候では、今日が”桜始めて開く”にあたりますが、このところの陽気に誘われ、桜は既にあちこちで開花しています。

こちらは、先週末に研究会で東京を訪れた時のスナップ。白金台にある八芳園という結婚式場ですが、ライトアップされた夜桜の幻想的な美しさと、大都会の夜景が、不思議な一体感を醸し出しています。

クリニックの正面に位置している朝生田公園も、八芳園には負けていません。咲き誇った桜の下で、子供達が元気に遊び回っている姿をみていると、こちらの心まで癒やされます。

この写真では捉え切れていませんが、私は晴天の桜よりも、曇天、それも小雨に打たれる桜の色合いが、たまらなく好きです。春雨は無情にも花びらを散らせるように見えますが、その一方で桜はさらに匂い立ち、艶やかな色合いを深めます。

朝生田公園を目にしながら、”桜雨”という言の葉を持つ、この国の自然と感性を誇らしく思うのです。